テーマ:ヨーロッパ

<イースターエッグ>ドイツの刺繍柄と東欧の木製ペイント

お土産・東欧旅行・花博・・・様々な機会で手許に集まったイースターエッグの写真を集めてみた。 ★ドイツのイースターエッグ 友人からのプレゼントのイースターエッグ・2種。 卵の殻に立体的装飾を施したもの。吊り下げ用のリボンが付いている。 ・ヒヨコのクロスステッチ布を貼り付けて装飾を加えたもの ・黄色い花の立体ペイント …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012<東欧のピサンキ(イースターエッグ)>⑦

恵文社一乗寺店 <東欧芸術家たちのピサンキ展>より 4月1日(日)~15日(日)まで開催されていた<東欧芸術家たちのピサンキ展>が終了した。初日にワークショップで恵文社一乗寺店を訪ねてから約2週間後に再訪。展示即売品は種類によっては数が減っていたが、まだ一通りは並んでいた。その中で前回は諦めたものの、やはり手元に置いてその美しさ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2012<東欧のピサンキ(イースターエッグ)>⑥リトアニア&ルーマニア

恵文社一乗寺店 <東欧芸術家たちのピサンキ展>より ◆リトアニアのピサンキ (イースターエッグ) ★<ヴィリニュス地方のエッチング>  地色は玉葱などで染めて、カッターナイフで削って模様をつくる。 ★<ヴィリニュス地方の糸巻き>  タマゴの殻にカラフルな糸を巻きつけた日本の手まりのようなイースターエッグ。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2012<東欧のピサンキ(イースターエッグ)>⑤ドイツ・ソルブ族

恵文社一乗寺店 <東欧芸術家たちのピサンキ展>より <ドイツ・ソルブ族のピサンキ> ドイツの東部、チェコ・ポーランドの国境近くに住むスラブ系少数民族・ソルブ族はキリストの復活祭のイースターエッグのに独特の文化をもっている。 主な手法は色を染めた卵をカッターナイフで削って模様をつくるエッジングのほか、ローケツ染、エンボスが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012<東欧のピサンキ(イースターエッグ)> ③ポ-ランド

恵文社一乗寺店 <東欧芸術家たちのピサンキ展>より ◆<ポーランドのピサンキ>  (イースターエッグ) 昨年のブログでもポーランドの切絵やピサンキの写真をUPしているが、今年また新しい作品と出会えた。 ★<ウォヴィッツの切絵とピサンキ> ポーランドの切絵は、上海万博のパビリオンの建築にも取り入れられほどの伝統工芸で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012<東欧のピサンキ(イースターエッグ)> ②ウクライナ

恵文社一乗寺店 <東欧芸術家たちのピサンキ展> ★展示場所 アンフェール ミニフェアコーナー ★開催期間 2012年4月1日(日)~4月15日(日)まで         10:00 ~ 22:00(最終日18:00まで) 初日にピサンキのワークショップがあり、参加申込をしていたので早目に行ってピサンキ展示を見学。そこに…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

デンマークの切絵モビール「イースターのひよこ」

「北欧の切り紙」 ~デンマークのかわいいモビール~ 2007年11月に池田書店からから発売されたこの本の著者はデンマークのデザイナー・イェンス・ファンダー・エルセン氏。デンマークの切絵に魅せられた田尻知子さんがデンマークで文化と伝統工芸を学び、現地で著者の協力を得て「デンマークモビール・ウロ」を設立し切絵を製作されている。 ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012・復活祭のチョコレート<アンリ・ルルー>

<HENRI LEROUX アンリ・ルルー> パックのショコラ イエス・キリストの復活を祝う復活祭はフランスでは「パック」と呼ばれ、アンリ・ルルーのショップでも毎年凝ったデコレーションでウインドウを飾り、復活祭を祝う限定のチョコレートが販売される。日本でも店舗限定で販売中。 ・期 間 ・・・ 3月28日(水)~4月15日(日)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012・復活祭のショコラ<ピエール・エルメ>

<ピエール・エルメ> 2012 “復活祭”のショコラ 生命の復活という意味から、卵や、多産で跳ね回る様子が生命の躍動を表すと言われるウサギがシンボルとなっている。ピエール・エルメでは復活祭に因んで、うさぎや卵を模った限定のショコラが販売ている。 ・販売期間  2012年4月1日(日)~4月27日(金) ・販売場所  ピエール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恵文社一乗寺店<東欧芸術家たちのピサンキ展>とワークショップ

<恵文社一乗寺店> 本にまつわるセレクトショップとして、全国にその名を知られる「恵文社一乗寺店」は、書籍だけでなく世界のさまざまな雑貨を取り扱ってられ、併設のギャラリー「アンフェール」では学生さんや無名のアーティストの作品展や恵文社の企画展でさまざまな文化を紹介されている。 これまで雑貨などをネットで注文して利用してきたが、一度…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ドイツ・ザイフェン<イースターの木工玩具>

<ドイツ・ザイフェンのイースター玩具> チェコとの国境に近い旧東ドイツのエルツ山地の村ザイフエンは、クリスマス飾りなどの木工細工でよく知られているが、イースターの可愛いうさぎの玩具・卵・オーナメントも作られている。 ◆うさぎの女の子 ◆卵を運ぶうさぎの父子 ◆イースターのオーナメント ◆イースターエッグ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西山朗子先生の<アニョーパスカルを焼こう@芦屋クラス>

フランス・アルザス地方の伝統菓子 <アニョーパスカル> 東京・二子玉川でお菓子教室<Le Petit Citron>を主宰されている西山朗子先生から、3月中旬に兵庫県芦屋のご自宅で「アニョーパスカル」のレッスンを開かれるという嬉しいメッセージが届いた。 ★アニョーパスカルを焼こう@芦屋クラス   http://su…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~想い出の旅から~ 北欧の人形とクリスマス飾り③ デンマーク

北欧4ヵ国の旅の最後はデンマーク。スウェーデンからフェリーでデンマークに入り、コペンハーゲンのホテル・ラディソンSASスカンジナビアに到着した時は夜9時半を過ぎていてた。そのためポーターは頼めず自力でスーツケースを部屋に運んだ。 ホテルは中央駅など街の中心から離れていて高層階の窓にはパノラマの風景が広がっていた。。 ~想い出の旅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~想い出の旅から~北欧の人形とクリスマス飾り②ノルウエー

2003年9月の北欧の旅は関西空港からフィン航空でフィンランドのヘルシンキに到着。ヘルシンキ市内観光と観光船、トゥルク観光を楽しんで豪華客船タリンクシリアラインでヘルシンキからバルト海をスウェーデン・ストックホルムへ航行。 スウェーデンの次の訪問国はノルウエー。ベルゲンから列車・フロム山岳鉄道・船でフィヨルドを観光。3日~4日位(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~想い出の旅から~ 北欧の人形とクリスマス飾り①スウェーデン&フィンランド

毎年11月も半ばとなるとデパートの売場にもクリスマス飾りが並び、輸入玩具のニキチキと髙島屋の生活雑貨ショップマピエスを覗くのを楽しみにしている。今年のマピエスも北欧の人形と飾りが目立ち、スウェーデンの麦わらの大きな山羊とハートが初登場していた。 ~想い出の旅から~  北欧の人形とクリスマス飾り①スウェーデン&フィンランド …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デンマークペーパーハート⑫10月<リスとくるみ>

10月のデンマークペーパーハートは、デンマークのクリスマスクラフトの本の表紙の作品をアレンジして、秋らしい色で作ってみた。 ◆リスとくるみ  タテ・約45cm、ヨコ・約27cm という大きなバスケット。 クリスマス用の赤と白のものとは全く違う雰囲気のものができた。 ◇デンマークの本
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Steiffシュタイフ社から<がんばろう日本ベア>発売

◆<Steiffシュタイフ社のテディベア> ドイツのSteiffシュタイフ社1880年に誕生。マルガリーテ・シュタイフさんによって世界で初めてのテディベアが作られたトップブランド。ドイツ職人の手によって1体ずつ丁寧に作られ、耳に付けられたイヤーボタンと呼ばれるボタンタグがシュタイフベアのトレードマークである。 そのシュタイフ社か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<東欧のイースターエッグを中心に>~マイコレクションより~

<東欧のイースターエッグ>を中心に~ ウクライナの伝統的なローケツ染めのほか、様々な手法で装飾されたイースターエッグは、いまやイースターの季節に限らず伝統工芸品として注目されている。 「東欧イースターエッグの世界展」10月6日(木)~20日(木) 「大阪チャルカ」で開催中。火曜日定休。11:30~19:00 9日に「…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

大阪チャルカ<東欧イースターエッグの世界展」>ワークショップ・ピサンキ講習会

今年は「うさぎ年」。キリストの復活祭・イースターには「うさぎ」も登場するので関係があるのかどうか判らないが、今年3月、東京で「東欧イースターエッグの世界展」が開催され、京都・札幌・名古屋・福岡・大阪と全国を巡回。 最終会場、「大阪チャルカ」(大阪市北堀江)では、 10月6日(木)~10月20日(木)まで開催されている。 ope…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

梅田阪急・英国フェア2011<フェアリーケーキ>プリムローズベーカリー

Primerose Bakery[プリムローズベーカリー] ロンドンのプリムローズヒルにある人気カップケーキの店。 <フェアリーケーキ>という可愛い名前のカップケーキは"妖精の手のひら"にのるサイズ! 数ある種類の中から厳選された5種類を1セットで販売。 チョコレート、バニラ(ピンク・グリーン・パープル・イエロー)の5個入で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅田阪急・英国フェア2011スペシャルイベント<ブラウンズホテルのティートリアル>

10月5日(水)~11日(火)の期間、阪急百貨店梅田本店で「英国フェア2011」が開催されている。今年の「英国フェア」の目玉は、ロンドンの高級ホテル「ブラウンズホテル」の「アフタヌーンティ」。 「ブラウンズホテル」は1837年創業のロンドンで最も歴史のある五つ星ホテル。 「ブラウンズ」のティールームは、ロンドンのホテルティールーム格…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅田阪急・英国フェア2011のティルーム<ハイティー・オブ・ハイゲート>

阪急百貨店梅田本店10・11階で「英国フェア2011」が10月5日(水)~11日(火)の7日間開催中。今年のティルームはロンドンの<ハイティー・オブ・ハイゲート> <HIGHTEA of Highgate ハイティー・オブ・ハイゲート> ロンドンの北部にある<ハイティー・オブ・ハイゲート>は、ロンドン関係の特集が組まれる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2011<ポーランド切絵の世界展>大阪「チャルカ」

<ポーランド切絵の世界展> 昨年の6月から全国を巡回しているポーランドの伝統的切絵・ヴィチナンキ(wycinanki)の世界展が大阪で開催されている。 日 時 : 2011.6/10(金)~6/24(金) 場 所 : チャルカ     大阪市西区北堀江1-21-11      電話 06-6537-0830 OPE…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

イースターバニー・ハロッズ&トラセリア

イースター・サンデーは24日だったけれど、今年は卯年。一年中飾っているうさぎの縫いぐるみを登場させることにした。 (下の写真はフランスの絵葉書)   ◇トラセリア 2007限定サミーバニー 1973年に誕生した「トラセリア」はフランスのベビー雑貨のブランド。その製品は可愛いだけでなく、最も厳しいといわれる欧州の安全規格「CE]を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復活祭の玩具・チェコの「イースターの鶏」

 4月22日のブログ東欧の復活祭の卵(イースターエッグ)で 2004年のチェコ・ポーランド旅行土産の人形と民芸品の写真ご紹介。写真で棚の上右端に飾っている鶏玩具が「イースターの鶏」である。 (一部を拡大した写真 ↓)  この鶏の玩具に初めて出会ったのは、チェコのプラハ城の王宮前の広場。プラハの市街を見渡せる眺望のいい場所で、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

復活祭の卵(イースターエッグ)・Ⅱフランス&ドイツ

東欧以外のイースターエッグは、少ししか持っていないが、東欧とは絵柄の雰囲気が全く違うフランス・アルザスとドイツのものを紹介したい。 ★フランス・アルザス アルザスは木組みの家などドイツ領だった頃の名残が見られる地域。旅したのは12月上旬と7月半ばで復活祭のシーズンではなかったが、ストラスブールからコルマールまでの小さな村でアルザス独…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

復活祭の卵(イースターエッグ)・Ⅰ東欧

 復活祭のシンボルの卵は美しい模様をつけて家庭や街に飾られる。特に東欧のものは花模様や幾何学模様が素晴らしく、カラフルに彩られている。  2004年10月末に名古屋の友人とチェコ・ポーランドの旅に参加。自分への土産に民俗衣裳の人形や民芸品を、スーツケースと手荷物バッグに詰め込んで帰ってきた。その中に、イースターエッグもあり、自宅のマイ…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

2011・復活祭(パック・イースター)のチョコレート

 復活祭(仏語でパック・英語でイースター)は、十字架にかけられたイエス・キリストの復活をお祝いするキリスト教の最大のお祭りで、今年は4月24日にあたる。 復活祭の日は、春分の日以降の満月の次の日曜日と決められているので毎年変わる。 ヨーロッパでは、この日を祝ってチョコレートを贈る習慣があり、生命の復活のシンボルである卵、繁栄を象徴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more