テーマ:雛まつり

2016 西陣くらしの美術館「冨田屋」の雛飾りー大宮通一条上ルー

西陣くらしの美術館 <「冨田屋」の雛飾り> ー大宮通一条上ルー 「冨田屋(とんだや)」は約120年前に建てられ、国登録有形文化財指定の町家見学としきたりを学ぶプランを年間を通して有料で実施されており「千両ヶ辻雛祭り展」には参加されていない。 見学とお話の基本プランが2000円(税別) 行事などの食事つきで8000…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西陣<千両ヶ辻雛祭り展>より ・町家ギャラリー「三栖太」~幕末の雛人形と工芸菓子~

西陣<千両ヶ辻雛祭り展>より 町家ギャラリー「三栖太」 ー元誓願寺通大宮西ー 今出川大宮から二筋南の元誓願寺通角を西に少し歩いた北側の「三栖太(みすた)」では幕末の雛人形と「京菓子講師倶楽部」による工芸菓子を展示。お茶席、京菓子作り体験、和菓子販売。 ◆「内裏雛」 お雛様は丸平大木人形店作とのこと。 ◆「京菓…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016・西陣「京ゆば処 静家(せいけ) 西陣店」~桃の節句限定「むし養い」~

2016・西陣「千両ヶ辻雛祭り展」より <京・ゆば処「静家(せいけ) 西陣店> ー今出川大宮下ルー 元生糸問屋の築140年の京町家で、美山町の本店でつくられた湯葉をいただける料理店。 「千両ヶ辻雛まつり」の期間だけ特別に桃の節句に合わせた「むし養い」を提供。 店の表には、こんな案内がある。 「お食事でご来店・入店…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都西陣「千両ヶ辻 雛祭り展」~第1回桃の節句の彩り~

京都西陣「千両ヶ辻 雛祭り展」 ~第1回桃の節句の彩り~ 大宮今出川あたりは、江戸時代中期から一日に千両に値する生糸と織物を扱い「千両ヶ辻」と呼ばれて西陣の中心地だった。いまも残る生糸問屋の土蔵を中心に各町家でお雛様が飾られる。 ・期間:平成28年3月3日(木)~3月6日(日)            10:00~16:30…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016雛菓子・岐阜「田中せんべい総本家」<貝合わせ>

岐阜・田中せんべい総本家 ~「貝合わせ」&「ふたみにわかれ」~ 「田中せんべい総本家」は岐阜県大垣に安政6年(1859)創業した「味噌せんべい」の老舗。 ★<貝合わせ> 『貝合わせ』は、せんべいが熱いうちに蛤の形つくり、外側に生姜蜜を塗った固焼せんべいで、内側に「内裏雛」と「梅に鶯」が描かれている。これは『ふたみにわかれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2016雛まつりのお菓子・京都「宝泉堂」~貝あそび~

2016雛まつりのお菓子 京都「宝泉堂」~貝あそび~ 2月5日から販売されている宝泉堂の雛菓子「貝あそび」を今年も友人と孫娘用に購入。 開けてみると蛤ではなく、陶器の器が使われていてビックリ! 宝泉堂の「貝あそび」が好きなのは干菓子の可愛さ美味しさだけではない。本物の蛤を磨いて内側に金を塗って美しく仕上げて器として使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015<雛まつりの御菓子>とらやの雛井籠・たねやの貝合わせ・両口屋の干菓子・萬年堂の金花糖

2015<ひなまつりの御菓子> ~とらや・たねや・両口屋・萬年堂~ ★「とらや」の<雛井籠> 安永5年(1776)に雛菓子を届けるために作られた蒔絵の雛井籠ひなせいろう)を模した紙製の井籠。 雛菓子は京都地区だけ「あこや」があり、ほかに「笑顔饅」「三種詰合せ」「膨雀」がある。 1段だけでも蓋と台をセットしてもらえる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more