テーマ:季節の行事

2013日本玩具博物館<世界のクリスマス>展より・ワークショップと展示①

日本玩具博物館 <世界のクリスマス展>より ~2013年10月26日(土)-2014年1月21日(火)~ http://www.japan-toy-museum.org/christmas2014.html  JR姫路駅より播但線に乗換え「香呂」駅下車。徒歩15分 ◆ワークショップ・その1<麦わらの天使> 今年のクリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ・ニュルンベルグのクリスマスマーケットより<金箔の天使>

ニュルンベルグのクリスマスマーケット <クリストキンドルスマルクト> ドイツ・ニュルンベルグ旧市街で催されるクリスマスマーケット「クリストキンドルスマルクト」は、ハウプトマルクト広場前の聖母教会バルコニーで「幼子天使クリストキント」の開会宣言で始まる。 開催初日は毎年、待降節第一主日の直前の金曜日なので、 2013年は11月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013・デンマーク<アンネ・ベアテ ニッセ人形> 50周年

2013・デンマーク <アンネ・ベアテ ニッセ人形>50周年 北欧のクリスマスはユールと呼ばれ、赤いとんがり帽子の小さな妖精たちが登場する。妖精は国によって呼び名が違い、フィンランドではトントゥ、スウェーデンではトムテ、ノルウエーとデンマークではニッセと呼ばれている。 農場の馬屋などに住み、人間の手伝いをする。ニッセの大好…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2013<ロイヤルコペンハーゲン>イヤープレート&アニュアルクリスマスツリー

【ロイヤルコペンハーゲンのクリスマス】 ◆<イヤープレート2013> ~Copenhagen Harbour コペンハーゲン港~ 1908年以来106枚目の今年のデザインは、今年8月に100周年を迎えた「人魚姫像」とコペンハーゲン港・ランゲリニエ埠頭、その奥に停泊する王室帆船ダンネブロ号とコペンハーゲンが誇る歴史的建造物が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<トワイライト ファンタジー2013>大阪ステーションシティ5階「時空の広場」

大阪ステーションシティ5階「時空の広場」 <トワイライト ファンタジー2013> 2013/11/6 ~2014/1/19 12万5千個のLEDによるイルミネーションのコンセプトは<光り輝く天空の城> ◆5階「時空の広場」から ◆7階・連絡通路から ノースゲートビル7Fの連絡通路からは「時空の広場」が見渡せ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成25年(2013)<京都御所秋季一般公開>より

平成25年(2013)<京都御所秋季一般公開> ・公開期間 : 平成25年10月31日(木)~11月4日(月・休)の5日間 ・入門時間 : 午前9時(開門)~午後3時半(閉門)まで                    参観者は宜秋門から参入し、清所門から退出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都・中村軒<亥の子餅>と護王神社の<座立亥串>

◆京都・中村軒  <亥の子餅> 平成25年11月5日は旧暦の「亥の月・亥の日・亥の刻」が揃う「亥の子」の日。 この日には子孫繁栄・無病息災・災難除けを願って「亥の子餅」を食べるという風習があり、和菓子店では、それぞれにイノシシをイメージした「亥の子餅」が並ぶ。 「中村軒」では、赤キビ汁を混ぜた餅皮に黒ゴマを入れて「こし餡」を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年10月<ヴィタメールとウエスティン都ホテル>~ハロウインと季節のリンゴのケーキ~

2013<ハロウィン>と<季節のリンゴ>のケーキ 10月31日は「ハロウィン」。 「ハロウィン」はアイルランドの古代ケルト人の祭りが起源とされ、本来は秋の収穫を祝い悪霊などを追い出す宗教的な意味合いの行事だったらしいが、現代ではカボチャをくりぬいて作る「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子供達がお化けや魔女に仮装して家々を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013・ハロウィンのお菓子「パティスリー・ア・ラ・カンパーニュ」&「クラブハリエ」

神戸<パティスリー・ア・ラ・カンパーニュ> ◆ハロウィンのお菓子「プレジール」 12×12×8cm のしっかりした箱はカボチャ色に黒の切絵風の絵柄が楽しい。 中に入っているのはカボチャのお化けのランタン型10×8cmの大きなサブレ6枚。 小麦胚芽を使用した自然素材のものとチョコレートにローストカカオ入の2種 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十月のお月見<十三夜>限定の和菓子~「仙太郎」&「たねや」~

十月のお月見 ◆「十三夜」の「後のお月見」 9月のお月見は旧暦8月15日の十五夜。 江戸時代からの節句行事がほとんど新暦で行われるが、「月」が主役のお月見はそうは行かない。大きく欠けた月でお月様をめでることは無理。 お隣の国、中国では旧暦8月15日は「中秋節」。収穫を祝うお祭で家族の繁栄を月に祈って月餅を食べる。 日本では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR京都駅ビル大階段・10月のグラフィカル・イルミネーション②~ハロウィン~

JR京都駅ビル大階段 <10月のグラフィカル・イルミネーション②> 「ハロウイーン」   ★10月10日~31日  ・午後5時~10時まで点灯。 ★10月2日~22日までは、①時代祭のイルミネーション。   http://ikuiku-1919.at.webry.info/201310/article_7.html …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜中華街「大珍樓」~<特大中秋月餅>~

<中秋節> 旧暦8月15日(平成25年は9月19日)は「中秋の名月」のお月見の日。今年は晴天に恵まれ「十五夜」と「満月」が重なって、天空に煌々と輝く美しい月を鑑賞できた。 お隣の中国では、この日を節句のひとつ「中秋節」として祝う。 日本では月を見て「うさぎが餅を搗いている」と言い伝えられているが、中国では、月には不老長寿の仙薬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成25年<京の月見だんごと兎菓子>老松・仙太郎・中村軒・俵屋吉富・永楽屋

≪平成25年・中秋の名月≫  今年は9月19日(木)が旧暦8月15日の「中秋の名月」で満月。 だが毎年、中秋の名月=満月というわけではなくて1,2日のズレがあり、次に一致するのは2021年で8年後でオリンピックの翌年になる。 お団子をお供えして、窓からお月様を拝みたいところだが、向かいのお寺の鉄筋コンクリートの高い屋根にさえぎ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~平成25年・重陽の節句より~ 京都嵐山・法輪寺の「茱萸(しゅゆ・ぐみ)袋」

~平成25年・重陽の節句より②~ 娘のような姫路の友人と京都の社寺で9月9日に行われる「重陽」の行事めぐり。今年は二カ所を訪ねたることにして、先に、午前11時開始の市比賣神社の「重陽祭」に参加。「菊酒」を頂いた後、急いでタクシー、阪急電車の京都線・嵐山線を乗り継いで「嵐山」に到着。石段を上がり午後1時開始の「重陽の節会」に丁度間に合っ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

~平成25年・重陽の節句より~ 京都・市比賣神社の「菊の着せ(被せ)綿」

◆<重陽の節句> 「重陽」とは,9月9日で「五節句」の最後。 数字の奇数は「陽」とされ、奇数が重なると偶数になり「陰」となるため、同じ奇数が重なる月日を邪気を祓う目的から「五節句」の行事が始まったとされている。 「五節句」は元旦は別格として、・1月7日=人日(じんじつ)  ・3月3日=上巳(じょうし)    ・5月5日=端午…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

京菓匠「甘春堂」本店<重陽の節句菓子>

京菓匠「甘春堂」本店 <重陽の節句菓子> 9月9日は「重陽の節句」。 旧暦の「重陽の節句」は「菊の節句」とも言われ、延命、長寿を祈願して、菊酒を飲んだり前夜から菊に綿を被せて夜露と香りを移して身体を拭う風習があり、現在でも一部の社寺で行事が行われている。 重陽の節句の御菓子を探してデパ地下を歩いたが、「敬老の祝」や「お月見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひさご寿し~8月16日限定~<京の送り火ずし>

ひさご寿し ~8月16日限定~ <京の送り火ずし> 「ひさご寿し」(本店・河原町通り四条上ル)は、高島屋京都店、JR京都伊勢丹店の3店舗あり、8月16日限定で「五山送り火」に合わせて作られたお寿司(1セット5種)が発売され、伊勢丹店に予約して購入。 『京の送り火すし』  寿司めしの中に海苔で作った送り火の文字や形が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013京都・北野天満宮~大福梅の土用干し~

京都・北野天満宮 ~「大福梅の土用干し」~ 12月13日の事始めの日から お正月用に授与される大福梅は6月中旬に境内で採取し、樽で塩漬けにした後、7月中旬の梅雨明けから約4週間かけて干される。 今年は梅雨明けが早かったので、7月9日から土用干しが始まったとニュースで知ったが、それから約1ヶ月経った8月8日の午前9時頃、夏休…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013<ピエール・エルメ・パリ> パック(イースター)のショコラ

2013<ピエール・エルメ・パリ> パックのショコラ フランス語で「パック PA'QUES」とは「復活祭」(英語でイースター)のことで、イエス・キリストが十字架に架けられた後、復活したことをお祝いする記念の日。 カトリックの復活祭はグレゴリオ暦で春分の日の後、最初に満月を迎えた次の日曜日と決められ、今年は3月31日。 だが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013日本玩具博物館<春を祝うイースターエッグ展>より② ~イースターラビットと鶏たち~

2013日本玩具博物館・企画展 <春を祝うイースターエッグ展>より② 2013/2/23(土)~5/21(火) ◆<イースターラビット(イースターバニー)> キリストの復活を祝う「イースター(復活祭)」では生命の源である卵がシンボルとなっているが、うさぎも「イースターラビット」とよばれ卵とともにイースターに登場する。ウサギは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013<ジャン=ポール・エヴァン>パック(イースター)のショコラ

2013<ジャン=ポール・エヴァン> パック(イースター)のショコラ ジャン=ポール・エヴァンのブティックでは3月22日(金)より、パック(イースター)商品が発売されている。 今年のテーマは「火遊び」。一体どんなショコラなのだろう・・・ ◆<ジェット フィッシュ> 火を噴いてジェット機並みのパワーで進む「ジェット フィ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013近江八幡/雛めぐり「旧伴家住宅・旧西川家住宅」~郷土玩具文化研究会・第280回例会より~

「郷土玩具文化研究会」の<2013年近江八幡雛めぐり>に参加して、見学した人形の一部をご紹介。 (但し、個人的ブログで会の公式ブログではありません)              *     *     *    *     * 郷土玩具文化研究会・第280回例会 2013「近江八幡/旧市街と雛めぐり」ー② *開催日 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013近江八幡雛めぐり 「たねや 日牟禮茶屋」の雛と雛道具・昼食・お土産

近江八幡 <たねや 日牟禮茶屋> 3月2日(土)に郷土玩具文化研究会例会の「近江八幡/旧市街と雛めぐり」が開催された。各自昼食を済ませて、白雲館(観光案内所)を午後1時過ぎにスタートすることなっており、女性3人組はJR近江八幡駅に11時過ぎに着く新快速に姫路・尼崎・京都から乗車。「たねや 日牟禮茶屋」で昼食をとることにした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013サロン・デュ・ショコラ大阪<フレデリック・アヴェッカー>

2013サロン・デュ・ショコラ大阪 <フレデリック・アヴェッカー> フランス・アヴィニヨン生まれのアヴェッカー氏は2011年にMOFのタイトルを獲得され、昨夏にはアヴィニヨン郊外の店を全面改装。今年、日本のサロン・デュ・ショコラに初参加された。 初日の大阪会場でご自身のショコラコーナーに居られたアヴェッカーさんにサインを頂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013サロン・デュ・ショコラ大阪<パスカル・ルガック>

<2013年サロン・デュ・ショコラ>京都・大阪 伊勢丹新宿本店で1/23[水] ~ 28[月]まで開催されていた<サロン・デュ・ショコラ>は、一日置いて、1/30[水]から各地の三越・伊勢丹系列のデパートで始まった。 今年の日本のサロン・デュ・ショコラのテーマは「ルネサンス」(再生) 写真は2013サロン・デュ・ショコラの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<2013 サロン・デュ・ショコラ大阪> ジャン=ポール・エヴァン トークショー&ショコラ

2013<サロン・デュ・ショコラ>大阪 エムアイカード会員限定イベント ◆ジャン=ポール・エヴァン「トークショー」 ★開催日時:1月31日(木)午後2時~約60分 ★会 場:10階レストラン街「バンケットルーム」 ★定 員:先着35名 ★参加費:2,100円(お土産付) ◆映像と解説  今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

~山形の季節便り~初市の「初あめ」と「縁起もの」

<山形の初市> 山形のお正月の風物詩「初市」は、最上義光公治世当時の定期市に始まり、400年以上の歴史を持つ。山形の中心、十日町に「市神(いちがみ)」を祀り、毎年1月10日に市神祭りとして十日町から七日町にかけて縁起物をはじめ、様々なものを売る露店が立ち並ぶようになった。 初市は山形のあと、北上して寒河江、東根、村山に立つ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成癸巳<小豆粥で新春を祝う会>東林院の「千両の庭」特別公開

特別公開 東林院の<千両の庭> 京都花園・妙心寺の東林院は普段は非公開だが、1月15日~31日の間は「小豆粥で新春を祝う会」が開催され、参加者には「千両の庭」が特別公開されている。数量に限りがあるが「東林院千両」の種もプレゼントされている。 <小豆粥の会>のパンフレットと種。 自宅の庭の二カ所に植わっている千両の赤い実は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成癸巳・睦月中<小豆粥で初春を祝う会>京都花園・妙心寺「東林院」

京都花園の妙心寺・東林院では、毎年1月15日~31日まで「小豆粥で初春を祝う会」を開催されている。自宅以外の小豆粥を知らないので一度参加してみたいと思いながら機会がなかったが、やっと実現。 今年、facebookで友人二人とのやりとりで「七草粥」から「小豆粥」の粥杖へと話が発展。八坂神社の粥杖で三人三様の小豆粥をつくって小正月をお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more