テーマ:海外の玩具・民芸品

2014日本玩具博物館40周年記念・夏の特別展  <世界の国の人形>-第2章・人形で綴る世界紀行ー

2014日本玩具博物館40周年記念・夏の特別展   <世界の国の人形> -第2章・人形で綴る世界紀行ー ・会期 2014年6月21日(土) ~ 10月14日 (火) ・会場 日本玩具博物館6号館     姫路市香寺町中仁野    (JR姫路で播但線に乗り換え「香呂駅」下車・徒歩15分) 2万点を越える世界の人形…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014日本玩具博物館40周年記念・夏の特別展  <世界の国の人形>-第1章・人形の世界ー

★日本玩具博物館40周年記念・夏の特別展  <世界の国の人形> -第1章・人形の世界ー ・会期 2014年6月21日(土) ~ 10月14日 (火) ・会場 日本玩具博物館6号館     姫路市香寺町中仁野    (JR姫路で播但線に乗り換え「香呂駅」下車・徒歩15分) 2万点を越える世界の人形コレクションから、1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リヨン伝統の人形劇<ギニョール>MOF職人来店   ~阪急梅田本店フランスフェア2014~

~阪急梅田本店フランスフェア2014~ リヨン伝統の人形劇<ギニョール> MOF職人来店 2014年のフランスフェアは「リヨン特集」 食だけでなく、リヨンの伝統文化も梅田にやってきた。 ★リヨン伝統の人形劇 “ Guignol ギニョール”  人形職人:ダミアン・ヴァイスさんと  ギニョールミュージアム・オーナー:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013・日本玩具博物館「中国民間玩具展」のワークショップ<中国の切紙細工“剪紙”>

日本玩具博物館 「中国民間玩具展」のワークショップ <中国の切り紙細工 “剪紙”> “剪紙”は中国で広く親しまれている民間工芸で切り紙細工のこと。主に農村の女性によって伝えられ発展してきた。 旧正月(春節)には欠かせないものの一つで、祭事や魔除けなどに使われるほか窓や天井に貼ったり室内に飾られたりする。 ☆日時…8月1…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

2012<東欧のピサンキ(イースターエッグ)>⑧

恵文社一乗寺店 <東欧の芸術家たちのピサンキ展>より⑧ イースターの頃は桜の季節でもあり、桜に追われてUPしている時間がなかったピサンキを季節外れだがご紹介。しばらく間が空いたので、恵文社一乗寺店のピサンキ展の写真をもう一度見てみたい。 写真の両端には高さ15cm位の大きなダチョウの卵が見える。その間にもう一回り小さいエミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<イースターエッグ>ドイツの刺繍柄と東欧の木製ペイント

お土産・東欧旅行・花博・・・様々な機会で手許に集まったイースターエッグの写真を集めてみた。 ★ドイツのイースターエッグ 友人からのプレゼントのイースターエッグ・2種。 卵の殻に立体的装飾を施したもの。吊り下げ用のリボンが付いている。 ・ヒヨコのクロスステッチ布を貼り付けて装飾を加えたもの ・黄色い花の立体ペイント …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012<東欧のピサンキ(イースターエッグ)>⑦

恵文社一乗寺店 <東欧芸術家たちのピサンキ展>より 4月1日(日)~15日(日)まで開催されていた<東欧芸術家たちのピサンキ展>が終了した。初日にワークショップで恵文社一乗寺店を訪ねてから約2週間後に再訪。展示即売品は種類によっては数が減っていたが、まだ一通りは並んでいた。その中で前回は諦めたものの、やはり手元に置いてその美しさ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2012<東欧のピサンキ(イースターエッグ)>⑥リトアニア&ルーマニア

恵文社一乗寺店 <東欧芸術家たちのピサンキ展>より ◆リトアニアのピサンキ (イースターエッグ) ★<ヴィリニュス地方のエッチング>  地色は玉葱などで染めて、カッターナイフで削って模様をつくる。 ★<ヴィリニュス地方の糸巻き>  タマゴの殻にカラフルな糸を巻きつけた日本の手まりのようなイースターエッグ。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2012<東欧のピサンキ(イースターエッグ)>⑤ドイツ・ソルブ族

恵文社一乗寺店 <東欧芸術家たちのピサンキ展>より <ドイツ・ソルブ族のピサンキ> ドイツの東部、チェコ・ポーランドの国境近くに住むスラブ系少数民族・ソルブ族はキリストの復活祭のイースターエッグのに独特の文化をもっている。 主な手法は色を染めた卵をカッターナイフで削って模様をつくるエッジングのほか、ローケツ染、エンボスが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012<東欧のピサンキ(イースターエッグ)>④チェコ&スロバキア

恵文社一乗寺店 <東欧芸術家たちのピサンキ展>より <チェコ&スロバキア> 2004年11月にチェコを訪ねたとき、初めて卵の殻にローケツ染、カッティング、ペインティングなどで美しく装飾されたイースターエッグに出会った。大切に持って帰った14個の卵のうち、カッティングの1個が割れていたが、それ以来、東欧のイースターエッグに興味を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012<東欧のピサンキ(イースターエッグ)> ③ポ-ランド

恵文社一乗寺店 <東欧芸術家たちのピサンキ展>より ◆<ポーランドのピサンキ>  (イースターエッグ) 昨年のブログでもポーランドの切絵やピサンキの写真をUPしているが、今年また新しい作品と出会えた。 ★<ウォヴィッツの切絵とピサンキ> ポーランドの切絵は、上海万博のパビリオンの建築にも取り入れられほどの伝統工芸で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012<東欧のピサンキ(イースターエッグ)> ②ウクライナ

恵文社一乗寺店 <東欧芸術家たちのピサンキ展> ★展示場所 アンフェール ミニフェアコーナー ★開催期間 2012年4月1日(日)~4月15日(日)まで         10:00 ~ 22:00(最終日18:00まで) 初日にピサンキのワークショップがあり、参加申込をしていたので早目に行ってピサンキ展示を見学。そこに…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more