テーマ:クラフト

2012<東欧のピサンキ(イースターエッグ)> ③ポ-ランド

恵文社一乗寺店 <東欧芸術家たちのピサンキ展>より ◆<ポーランドのピサンキ>  (イースターエッグ) 昨年のブログでもポーランドの切絵やピサンキの写真をUPしているが、今年また新しい作品と出会えた。 ★<ウォヴィッツの切絵とピサンキ> ポーランドの切絵は、上海万博のパビリオンの建築にも取り入れられほどの伝統工芸で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012<東欧のピサンキ(イースターエッグ)> ②ウクライナ

恵文社一乗寺店 <東欧芸術家たちのピサンキ展> ★展示場所 アンフェール ミニフェアコーナー ★開催期間 2012年4月1日(日)~4月15日(日)まで         10:00 ~ 22:00(最終日18:00まで) 初日にピサンキのワークショップがあり、参加申込をしていたので早目に行ってピサンキ展示を見学。そこに…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

デンマークの切絵モビール「イースターのひよこ」

「北欧の切り紙」 ~デンマークのかわいいモビール~ 2007年11月に池田書店からから発売されたこの本の著者はデンマークのデザイナー・イェンス・ファンダー・エルセン氏。デンマークの切絵に魅せられた田尻知子さんがデンマークで文化と伝統工芸を学び、現地で著者の協力を得て「デンマークモビール・ウロ」を設立し切絵を製作されている。 ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恵文社一乗寺店<東欧芸術家たちのピサンキ展>とワークショップ

<恵文社一乗寺店> 本にまつわるセレクトショップとして、全国にその名を知られる「恵文社一乗寺店」は、書籍だけでなく世界のさまざまな雑貨を取り扱ってられ、併設のギャラリー「アンフェール」では学生さんや無名のアーティストの作品展や恵文社の企画展でさまざまな文化を紹介されている。 これまで雑貨などをネットで注文して利用してきたが、一度…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ドイツ・ザイフェン<イースターの木工玩具>

<ドイツ・ザイフェンのイースター玩具> チェコとの国境に近い旧東ドイツのエルツ山地の村ザイフエンは、クリスマス飾りなどの木工細工でよく知られているが、イースターの可愛いうさぎの玩具・卵・オーナメントも作られている。 ◆うさぎの女の子 ◆卵を運ぶうさぎの父子 ◆イースターのオーナメント ◆イースターエッグ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3.11被災地に贈るペーパーハート (ユール・ヤータ) ~絆のハート・イン・ハート~

2011.3.11の大震災から1年。 TVのニュースで、いまなお残る瓦礫の山を見ると心が痛む。不自由な避難生活を余儀なくされている方々が普通の生活に戻られる日が早く来るようにと祈っている。 たとえ町が復興しても愛する人が戻ってこないことは、どんなに辛いことだろう。とりわけ親を失ってしまった子供達の心のショックが一番気にかかる。「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デンマークペーパーハート<ヴァレンタイン用>

切り込みをいれた2色の紙を編んでハート型を作るデンマークの伝統的なクリスマス飾りがある。昨年からオリジナルを入れたりしながら季節に合わせたハートをご紹介してきたが、ヴァレンタインは、やはり「ハート・イン・ハート」にメッセージやショコラを入れてプレゼントして欲しい。 そんなわけで昨年と同じハートを作り、レースのシールを貼ってみた。 ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新刊本ご紹介<ちりめん細工 つるし飾りの基礎>日本ヴォーグ社

いちばんよくわかる ちりめん細工 <つるし飾りの基礎>  *監 修 井上 重義 (日本玩具博物館館長)  *発行日 2011年12月1日  *出版社 日本ヴォーグ社  *定 価  1,200円+税 この本では初心者でも作れるよう豊富な写真入りで「ちりめん細工の基礎」から「わかりやすく」解説。写真の作品は日本玩具博物館・ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

< デンマーク・ペーパーハート (ユール・ヤータ) >ー⑭  「ベーシッククリスマス」より

デンマークのクリスマスに飾られる赤と白の編みこみハートは日本でも見かけられるが、大抵は市松模様である。2004年のデンマーク旅行でハートの中にハート模様が出来ているのを見て驚いたが、クリスマスデザインのぺーパーハートを紹介した本が20年余り前に日本で発売されていたことを後で知った。 ★ペア・シュメルシュア著 1988年・文化出版…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デンマーク・ペーパーハート (ユール・ヤータ)13 ~北欧のユールの山羊~

11月のペーパーハート (ユール・ヤータ) ー13 <北欧のユールの山羊> 北欧のクリスマスはユールとよばれ、妖精のニッセ(デンマーク)や、トムテ(スウェーデン)が豊穣のシンボルの山羊(ユールボック)を連れてプレゼントを運んでくる。 11月27日(クリスマスの4回前の日曜日)から待降節に入り、11月のペーパーハートは<ユー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

シゲタアケミさんの織物<つきにまく> 10月の「ブックカバー 秋」

今月24日、X+4歳の誕生日を迎えた。 その日に従妹から届いた郵便物の封を切ると、秋色の織物のブックカバーと本が見えた。 添えられていた手紙に、「銅版画家・山本容子さんの展覧会へご招待したいと思います。しばし鑑賞の旅にお出かけください」と書かれ、手作りの招待券が入っている。 ★文庫本・銅版画家 山本容子さんの「女」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デンマークペーパーハート⑫10月<リスとくるみ>

10月のデンマークペーパーハートは、デンマークのクリスマスクラフトの本の表紙の作品をアレンジして、秋らしい色で作ってみた。 ◆リスとくるみ  タテ・約45cm、ヨコ・約27cm という大きなバスケット。 クリスマス用の赤と白のものとは全く違う雰囲気のものができた。 ◇デンマークの本
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

<東欧のイースターエッグを中心に>~マイコレクションより~

<東欧のイースターエッグ>を中心に~ ウクライナの伝統的なローケツ染めのほか、様々な手法で装飾されたイースターエッグは、いまやイースターの季節に限らず伝統工芸品として注目されている。 「東欧イースターエッグの世界展」10月6日(木)~20日(木) 「大阪チャルカ」で開催中。火曜日定休。11:30~19:00 9日に「…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

大阪チャルカ<東欧イースターエッグの世界展」>ワークショップ・ピサンキ講習会

今年は「うさぎ年」。キリストの復活祭・イースターには「うさぎ」も登場するので関係があるのかどうか判らないが、今年3月、東京で「東欧イースターエッグの世界展」が開催され、京都・札幌・名古屋・福岡・大阪と全国を巡回。 最終会場、「大阪チャルカ」(大阪市北堀江)では、 10月6日(木)~10月20日(木)まで開催されている。 ope…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

飯野夏実<ピサンキ&陶>展・ギャラリーSophora(京都)

27日(火)、森田和紙へお稽古に行った帰りに、 京都・二条通寺町東入(河原町西入) 延寿堂ギャラリー・ソフォラSophoraで開催中の 飯野夏実<ピサンキ&陶>展 を訪ねた。 <ピサンキ> 「ピサンキ」とは、ウクライナで伝統的に作られてきた[ローケツ染]のエッグアート。現在ではイースターエッグとして東欧各地に広まっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

デンマークぺーパーハート⑪・9月「月に遊ぶうさぎ」

9月12日は旧暦の8月15日で十五夜に当る。 デンマークのクリスマスに飾られる市松模様のハートのバスケットの応用編。 毎月1個ずつ創っているデンマークハートの9月は「月に遊ぶうさぎ」にしようとテーマだけ決めたものの、なかなかイメージした形に出来上がらない。 使用した紙は、パンの「アンデルセン」の紙袋で黄色に細い茶色の縞が入…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

日本三景・安芸の宮島のお土産<もみじ饅頭>あれこれ

宮島のもみじ饅頭 宮島と広島のお土産として有名な「もみじ饅頭」 みやじまの宿「岩惣」に着いて最初に出されたお茶菓子も勿論 「もみじまんじゅう」で、「藤い屋」製だった。 ◆もみじ饅頭の由来」 「岩惣」の宿の方から「もみじ饅頭」の考案者は、明治の終わり頃の「岩惣」の女将さんと聞いた。 当時の女将・岩本栄子さんが「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美術館「えき」KYOTO<魔法のはさみ>展ー今森光彦の切紙美術館ー

ジェイアール京都伊勢丹7階に隣接する、美術館「えき」KYOTOで開催中の展覧会。 <魔法のはさみ> ー今森光彦の切紙美術館ー 2011年8月17日~9月5日 今森光彦氏は自然写真家。琵琶湖を望む田園風景の中にアトリエを構え活動。自然と人とのかかわりを「里山」という空間概念で追い続けてられる。 2009年にはNHK「趣味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<京都の七夕> 「紙衣・京の七夕さん」と「梶の葉の飾り」

月遅れの七夕が近づいた。 昨年8月、「京の七夕」という光を使った現代的な七夕が催され、期間中の人出は70万人を超えたそうだ。夏の夜のファンタジックな世界は、それなりに美しかったが、「京の七夕」として江戸時代後期に京都の庶民が行っていた七夕の風習がどこにも紹介されていなかったことが寂しかった。 ★「京の七夕さん」  ◇「京の七夕…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

デンマークペーパーハートⅩ・夏に舞う蝶

本来はクリスマスの飾りであるデンマーク・ペーパーハートを、いつの間にか毎月登場させている。4月~7月に掲載したデンマークペーパーハートは、思いつきで創作したものが続いて、8月は久しぶりにデンマークのサイトの型紙で、いろいろな紙で試してみた。 ◆ツヤ紙の無地を使って  ○薄いブルーに白い蝶(春から初夏の蝶のイメージ) ○白地…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

◎京こま「雀休」の<祇園山鉾>

「独楽」と聞けば、凧揚げとともに昔の男の子達のお正月の代表的な遊びを思い浮かべる。大抵はロクロで作られた木工製で屋外で遊ぶものが多いが、「京こま」は素材も製作法も全く違う。 「京こま」は、宮中の女性達が着物の布を帯状にし竹の芯に巻きつけ作ったこまの原点といわれている。その後も主に屋内で遊ぶ「お座敷独楽」として定着して行った。 4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デンマーク・ペーパーハートⅨ<七夕のハート>麦工房のラスクの箱より

◆7月のデンマーク・ペーパーハート ★七夕の二星と短冊★ 山形のシベール「麦工房」では、ラスクブームになる以前から美味しい「ラスク フランス」を発売している。娘から送ってくることもあるが、デパートの催事で見つけると買ってくる。好きなのはガーリックとブルーベリーだが、最近は種類が多くなって1箱にいろいろ入っている「色彩りラスク」を…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

COCHAE・コチャエ「こけし おりがみブック」と「折こけ紙」 

COCHAE(コチャエ)という「あそびのデザイン」をテーマに活動する軸原ヨウスケ、武田美貴によるデザイン・ユニットがある。「折り紙をもっとポップに」をキーワードにグラフィック折紙を制作。昨年は日本伝統のこけしに着目して本や折紙を発売。雑誌の付録の郷土玩具でも注目された。 おりがみブック1冊目「折りCA①」は緋鯉の表紙で、プリントさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初夏の湯布院ふたり旅<山灯館の竹細工・狭霧台>

<湯布院ふたり旅>最終日-1 湯布院の三日目。窓を開けると朝日を浴びた由布岳は夕方とは違う色の姿を見せた。 いよいよ旅も最終日となり、朝食を済ませてキャリーバッグを宿から自宅へ宅急便で発送。 「山灯館」を発つ前に、写真を撮っておきたいものがあった。それはロビーや売店に飾られている見事な五重塔や蒸気機関車など数点の竹細工であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2011<ポーランド切絵の世界展>大阪「チャルカ」

<ポーランド切絵の世界展> 昨年の6月から全国を巡回しているポーランドの伝統的切絵・ヴィチナンキ(wycinanki)の世界展が大阪で開催されている。 日 時 : 2011.6/10(金)~6/24(金) 場 所 : チャルカ     大阪市西区北堀江1-21-11      電話 06-6537-0830 OPE…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

デンマークペーパーハートⅧ・6月の花嫁に贈る白いハート

~ピエール・エルメのゴーフレットの空箱から~        <6月の花嫁に贈る白いハート> このハートは、JR大阪三越伊勢丹で買ったピエール・エルメのゴーフレットを食べた後、箱の中の仕切をを見て思いついたオリジナルの新作。 花嫁さんには真新しい白い紙で作ってプレゼントする方がいいかも知れないが、リデュースやエコを考える…
トラックバック:4
コメント:6

続きを読むread more

<マイチャーム>第3回フェーヴの世界展・京都 [ SQUIRREL] -1

フェーヴショップ「mycharm」マイチャームさんによる「フェーヴの世界展」が4月の吉祥寺展を終えて現在、京都のアンティークショップ<スクワール>で開催されている。 ◇Antiques & Collectibles SQUIRREL<スクワール>  紙屋川畔の一条通を二筋下った北角。 フェーヴは二階の「アリスの部屋」に展示販売…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デンマークペーパーハート(ユールヤータ)Ⅶ・母の日に贈るカーネーション

5月8日(第2日曜日)は母の日。 母への感謝の気持ちを表す花として「赤いカーネーション」を、亡くなられたお母様へは「白いカーネーション」を贈る習慣が広く知られている。 今年3月の東日本大震災で、お母様を亡くされた方や未だに行方が判らない方々は、どんなお気持ちでこの日を迎えられたのだろうか。  最初、母の日に贈るデンマークペ…
トラックバック:7
コメント:4

続きを読むread more

復活祭の玩具・チェコの「イースターの鶏」

 4月22日のブログ東欧の復活祭の卵(イースターエッグ)で 2004年のチェコ・ポーランド旅行土産の人形と民芸品の写真ご紹介。写真で棚の上右端に飾っている鶏玩具が「イースターの鶏」である。 (一部を拡大した写真 ↓)  この鶏の玩具に初めて出会ったのは、チェコのプラハ城の王宮前の広場。プラハの市街を見渡せる眺望のいい場所で、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

復活祭の卵(イースターエッグ)・Ⅱフランス&ドイツ

東欧以外のイースターエッグは、少ししか持っていないが、東欧とは絵柄の雰囲気が全く違うフランス・アルザスとドイツのものを紹介したい。 ★フランス・アルザス アルザスは木組みの家などドイツ領だった頃の名残が見られる地域。旅したのは12月上旬と7月半ばで復活祭のシーズンではなかったが、ストラスブールからコルマールまでの小さな村でアルザス独…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more