2016・西陣「京ゆば処 静家(せいけ) 西陣店」~桃の節句限定「むし養い」~

2016・西陣「千両ヶ辻雛祭り展」より
<京・ゆば処「静家(せいけ) 西陣店>

ー今出川大宮下ルー

元生糸問屋の築140年の京町家で、美山町の本店でつくられた湯葉をいただける料理店。
「千両ヶ辻雛まつり」の期間だけ特別に桃の節句に合わせた「むし養い」を提供。

画像

店の表には、こんな案内がある。
「お食事でご来店・入店いただきますと店内の雛人形をご覧いただけます」

お店に上がって食事の前にお座敷のお雛様を拝見!
画像
画像


★桃の節句限定「むし養い膳」
千両ヶ辻雛祭り展開催中の3月3日~6日の11:30 ~ 14:30
1人:1,300円(税込・サ別)
画像

最初は3月5日(土)の12時に予約していたのですが、この日は「京の冬の旅」の西陣・千両ヶ辻ウォーキングの団体客の昼食処になっていることに気づき11:30に変更していただいて、お座敷のお雛様も食事もゆっくりさせていただけました。

京都西陣「千両ヶ辻 雛祭り展」~第1回桃の節句の彩り~

京都西陣「千両ヶ辻 雛祭り展」
~第1回桃の節句の彩り~
大宮今出川あたりは、江戸時代中期から一日に千両に値する生糸と織物を扱い「千両ヶ辻」と呼ばれて西陣の中心地だった。いまも残る生糸問屋の土蔵を中心に各町家でお雛様が飾られる。

・期間:平成28年3月3日(木)~3月6日(日)
           10:00~16:30

・会場:今出川大宮以南、一条通以北の大宮通の南北に約500m
          東西200mがエリア。

画像

★参加店リスト
http://senryogatsuji.jimdo.com/参加店リスト/

写真家・水野克比古氏の「町家写真館」は全日程開催。
最終日の6日は各家参加統一日。

50代と30代の友人と6歳の女の子に私、という家族のようなメンバーでJR京都駅に10時半に集合。タクシーで大宮一条上ル「冨田屋」前に着いて、参加店を南から見学。
以前から独自に雛飾りを有料公開されている冨田屋は見学コースのお話の最中で20分位入店出来ず、後で伺うことにしてお隣へ。

★「大宮庵」ー和装小物と雑貨ー
冨田屋のお隣は和装小物「大宮庵」。明治時代の数寄屋造りの町家を公開。
坪庭が見える床の間に雛人形と紙画(雛人形)が飾られていました。
画像

違い棚に雛人形の紙画が飾られていましたが、撮影は困るということで遠慮させていただきました。
画像

★水野克比古フォトスペース
 「町家写真館」

「大宮庵」から北に向かって歩くと水野克比古フォトスペース「町家写真館」がある。間口は広くないが奥行が深く、春の写真展と江戸時代から昭和のお雛様とお道具約150点を展示。
画像

雛飾りの写真撮影は禁止だが「千両ヶ辻雛祭り」のチラシの写真は水野家の雛飾り。
販売されている絵葉書のなかにも雛祭りの写真が2種ある。
画像

この日はMBS(毎日放送テレビ)のカメラが入っていて同行のお嬢ちゃんを取材撮影。
3月20日(日・祝)早朝 6:15~7:15の「美の京都遺産」で放送されます。
http://www.mbs.jp/kyoto/