<デンマークのクリスマス(ユール)の星を折るテープ>~フライイングタイガー・コペンハーゲン~

<デンマークのクリスマス(ユール)の星をつくるテープ>
~フライイングタイガー・コペンハーゲン~
11月に入って、ルクア1100の「フライイングタイガー」によってみるとクリスマス商品がいっぱい!
デンマークのユール(クリスマス)の飾りには、ユールヤータと呼ばれる市松模様のペーパーハート、切絵のオーナメントともう一つ立体的な星がある。
画像

材料はいずれも紙だが、星の折り方を知っていても適度な厚さと弾力があり滑りのよい紙やテープが見つからなかった。白樺の樹皮テープなら作れるが入手困難で高価。
画像

デンマークにはきっと専用の紙テープがあるのだろうなと常々思っていたが、
デンマークデザインの「フライイングタイガー」でやっと見つけた!

パッケージには4種の柄の1.5cm幅×45cmのテープ状の紙が各20枚入っているので星が20個出来る。
画像

作り方はパッケージを切り開いた内側にプリントされている。
だが、外からは判らず、折り方を知らない方は買おうと思われないのでは・・・。

★「折り順」~パッケージの説明書に合わせて~
・説明書1~4:二つ折になって入っているテープを4本の両端を斜めにカット。
 輪の方をくぐらせて組む。
画像

・説明書5~7:4の状態で軽く締めて田の字にし、その上にもう一度テープを井ゲタに組んで締める。
画像

・説明書8:2段目を田の字に締めたところ。
画像

・説明書10~12:2本並んでいるテープの右側を後ろにまわして山形に折り、さらに山の中心で二つ折にして重ねテープの先はくぐらせる。4ヶ所で同様に折る。
画像
画像
画像

・説明書13:4本のテープで三角を4個折ったところ。
画像

・説明書15:裏返して11~13と同様に三角を4個折ると、計8個の三角が出来る。
画像

・説明書16:テープを後ろ方向にくるっと回して輪を作り、90℃先のテープを上にあげて、その下から隙間に通す。
画像

・説明書17:16と同じ方法でテープをくるっと回転させて、先につくった三角の下に通す。
  テープ4枚でこの作業を繰り返す
画像

片側の中央に立体の三角が4個出来る。
画像

 ・説明書18:裏返して、同様に折り、余分のテープを切ると完成。
画像

★星を折るテープは柄物のほかに、シルバー、ゴールド、メタリックな赤がある。
  無地のテープは星10個分で、いずれも1パッケージ・100円(税別)
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント