2015・福寿園京都本店3階『京の茶膳』~宇治茶を使ったフランス料理でクラス会~

福寿園京都本店・3階『京の茶膳』
~宇治茶を使ったフランス料理でクラス会~

入院した友人に代わってお世話をさせて頂いたクラス会は6月上旬に無事終了。高校卒業以来約60年。残念ながら故人となった友人もあるが、元気な仲間が12名出席。貸切だったので、安心して遠慮なく大声での会話も出来た。

(私のブログの写真は、すべてクリックで拡大します)
画像

人間国宝・羽田登喜男氏の鴛鴦をモチーフにした友禅が飾られている部屋でオリジナルの清水焼の器に盛られた料理をいただく。ソース類が抜群に美味しく、元銀座マキシム・ド・パリ総料理長の味にはグルメのクラスメートも満足してくれて嬉しい。
画像

★清水焼「京蒔絵」のウエルカムプレート
京薩摩・作家の空女さんによる京蒔絵のウエルカムプレートはレストラン24席・全席の絵柄が違う。
1枚20万円(税別)で販売されていたが完売。
材料に鉛が使われている」ため、料理には使われないが、眺めているだけで美術展のよう。その一部を御紹介したい。
画像
画像
画像
画像
画像

※京都市東山区・山科区の清水焼団地・宇治市の炭山などで生産されているものをまとめて「清水焼」と呼ばれていますが、 経済産業大臣指定の伝統工芸品としての正式名称は「京焼・清水焼」です。

★福寿園「食べるお茶」
提供される料理には宇治茶が使われているが、テーブルにも料理に振りかけて食べるお茶3種が陶器の棗に用意されている。
画像

★ウエルカムティー
まず運ばれるのは、水だし煎茶
画像

◆《スペシャル・ランチコース》
ドリンクは白ワインをボトルで2本注文。

★前菜
穴子のサラダ仕立て・レモンソース添え

画像

★冷製スープ
えんどう豆と抹茶のポタージュ・トッピングは碾茶

画像

★メインデッシュ
黒毛和牛のステーキ・フォアグラ入ソース添え


流水に柳と都忘れを配した夏のオリジナルプレート。
肉は柔らかく、まろやかなソースが美味しい。
画像

★デザート
ブランマンジェ、桃のシャーベットと宇治茶を使ったケーキ

画像

★小菓子と飲物
チュイル、抹茶焼き菓子、チョコレートと「ほうじ茶カプチーノ」


飲物は「抹茶カプチーノ」または「ほうじ茶カプチーノ」から選択。
画像

◆2階「京の茶寮」
3階で午後2時半までたっぷり貸切で使わせていただき、二次会は2階「京の茶寮」に移動して、各自、すきな甘味を注文。おしゃべりは1時間半くらいつづいた。内容を忘れてしまった位どうでもいいような話ばかりだが、話し相手がいること、昔話ができることがクラス会の一番の御馳走かも知れない。

★「冷やし抹茶 大納言ぜんざい」税込:1,286円
画像

今回を最後のクラス会にしたいと提案したが、継続を望む方々により来年、再来年の世話人も決まり、80歳まで開催することに決定。
5月中旬に体調を崩したこともあって、それまでにないプレッシャーいっぱいだったが無事大役を終えてほっとしている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント