熱田神宮・平成27年『豊年祭』(花の撓・はなのとう)と「宮きしめん」「きよめ茶屋」

<名古屋・熱田神宮>
5月8日、三種の神器の一つ草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)が御鎮座になる熱田神宮を参拝したのは、「豊年祭」の「おためし」が第一目的。8日は初日で晴天に恵まれ、当日朝に名古屋日帰りを決定。

★本宮参拝
画像
画像

★熱田神宮境内案内図
画像

◆『豊年祭』~花の撓(はなのとう)~
平成27年5月8日(金)~13日(水)まで
「豊年祭」とは、尾張地方に農耕・養蚕・培綿の技術を伝えられた日本武尊の御神徳を讃えるお祭。
別名:花の撓(はなのとう)と呼ばれる。

「おためし所(西楽所)」に「豊年絵図」に合わせて御神職により畠所と田所の模型(おためし)が飾られ、農家の方々がその出来具合を見て今年の作柄を占うという行事。

◆西楽所
画像
画像
画像

◆平成27年「熱田神宮豊年祭之図」
画像
画像

◆「おためし」の模型
向かって右に田所、左に畠所の模型が作られている。
藤の花の上には双方とも神様が3体お祀りされている。
農家の方々による、今年の作物の出来具合の占い結果はどう出たのだろう?
画像
画像

★田所
稲刈りの様子と大祭の幟に神主。豊年感謝のお祭のように見える。
画像
画像
画像

★畠所
 農家では蚕が飼われ、鷄や乳牛もいる。畠の作物に茄子や瓜、綿の花も見える。
画像
画像

◆境内「宮きしめん」
「おためし」の拝観を終えると丁度お昼になり、境内の「宮きしめん」で「冷やしきしめん」の薄色すましで昼食。
宮の文字入蒲鉾・湯葉・椎茸・ほうれんそう入で、あっさり味。
画像
画像

◆境内「きよめ茶屋」
「宮きしめん」に隣接した土産品売場兼休憩所。
ここで、「きよめ餅とお抹茶」のセットで休憩。
画像

お土産品コーナーを歩いてみると、棚に「犬張子」が並んでいる。
東海地方では初宮参りに今でも犬張子にご祝儀袋を添えて御祝されている様子。
画像
画像

◆「きよめ餅総本家」
熱田神宮の帰りに「きよめ餅総本家」本店に寄ってみた。
欲しかった「藤団子(とうだんご)」は、やはり15日にしか販売されず残念。
せっかく寄ったので、栗入「きよめ餅」を買って帰った。
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント