2015<雛まつりの御菓子>とらやの雛井籠・たねやの貝合わせ・両口屋の干菓子・萬年堂の金花糖

2015<ひなまつりの御菓子>
~とらや・たねや・両口屋・萬年堂~


★「とらや」の<雛井籠>
安永5年(1776)に雛菓子を届けるために作られた蒔絵の雛井籠ひなせいろう)を模した紙製の井籠。

雛菓子は京都地区だけ「あこや」があり、ほかに「笑顔饅」「三種詰合せ」「膨雀」がある。
1段だけでも蓋と台をセットしてもらえる。
画像

今年は贈物に「あこや」
画像

自家用に「三種詰合せ」を予約購入。
右:「桃の里」求肥製・白餡入
中:「仙寿」煉切製・白餡入
左:「雛てまり」道明寺製・白餡入
画像
画像

★「たねや」の<花貝合わせ最中>
江戸時代や明治の雛まつりには平安時代から伝わる優雅な遊び「貝合わせ」の貝や貝桶が飾られていた。その「合わせ貝」をイメージして作られた三色の手作り最中。
画像
画像
画像

★名古屋「両口屋」の干菓子セット<雛まつり>
側面を三色にして「菱餅」を表す菱形の箱に、二人静、立雛・桃・貝などを象った干菓子・雛飴などの詰め合せ。
画像
画像
画像

★浅草「萬年堂」の<金花糖>
東京で1軒だけの手作り金花糖の店。
予約注文分だけ販売される金花糖の「お雛さまセット」が2月15日に届きました。
立派な桐箱に入っているのは、女雛・男雛・白酒・菱餅・鯛の5点。
画像
画像

「いせ辰」の袋入「縁起開運干支飴」のおまけ付。
画像

一筆箋の御礼状も添えられ、達筆で丁寧に書かれた文字から誠意を感じられました。まだ面識はありませんが、いつか、お店に伺って、御主人と奥様にお会いしたいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
かわいい

この記事へのコメント