2014・北野天満宮参拝&梅苑散策・お茶菓子

2014<北野天満宮と梅苑>
2月25日は梅花祭。
梅花祭は延喜3年(903年)に薨去された御祭神菅原道真公の祥月命日に行われる祭典だが、毎月25日は他に予定があって行けず、前日に北野天満宮にお参り。
画像

鳥居をくぐって参道を進むと露店が店だしの準備中。
楼門や三光門の側の梅がほころびていた。
画像

◆三光門と梅
三光門(中門)は重要文化財。
画像
画像
画像

◆社殿(国宝)参拝
25・26日は国公立大学入試とあって本殿前は参拝客の行列が・・・。
画像
画像

◆梅苑
入苑料:大人・600円(お茶券付)
楼門の外側、参道西一帯に広がる梅苑は秀吉がつくった御土居跡まで公開されている。
梅は早咲きの品種が花をつけていたが、全体的にはまだ三分ぐらいで寂しい。
画像
画像
画像

○史蹟 豊太閤築造「御土居」
天正17年、豊太閤皇居を造営し、ついで京洛の区域を定め その境界、並、水防のため天正19年、諸侯に命じて京都の四囲に築城した大土堤。その西側の一部が北野天満宮の敷地になっており、梅と紅葉の季節に公開。
梅は、ほとんどが未だ蕾だった。
画像
画像

○「老松」の茶屋
梅苑の道をぐるっとひと回りした後、梅林を見渡せる茶屋の床几で休憩。
お茶とお菓子は「老松」の「香煎茶」と「菅公梅」
「菅公梅」は紅白の梅を表した麩焼きせんべい2枚入。
画像

メニューが置いてあったので
 みたらし団子「七軒だんご」1本:150円を注文
 北野おどりや梅苑と紅葉苑の公開期間限定の黒蜜の団子。
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント