<京の雛菓子>仙太郎「ひいなかご」・宝泉堂「貝あそび」

<京の雛菓子>
節分が過ぎて和菓子屋さんにピンクなどの小さなお雛様のお干菓子が並ぶと、一気に春が来たよう。各店それぞれにオリジナルの雛菓子が作られている中で、私の「気に入り」の2点をご紹介したい。

◆仙太郎「ひいなかご」
16cm ×16cmの箱の中身は・・・

画像

箱の中の竹笊にはクリーム色の和紙が敷かれ、
鯛を中心に・橘・菱餅・貝・蕨・土筆・蝶・三色だんごが添えられている。
全体に淡く渋い色彩。
画像

箱から出して、籠に白地に桜の御懐紙を敷いてみた。
画像

1点づつ黒塗の台に並べてみると、こんな感じ・・・
画像

◆宝泉堂「貝あそび」
大きな蛤の貝殻の内側を金色に塗り、外側も美しく磨いて塗装。
蛤を開くと、小さな金平糖や飴菓子がこぼれる。ピンク・白・黄・緑の金平糖の上には和三盆の立雛や海苔巻、わらび。ゼリーの菱餅や飴玉・飴細工の貝など彩りも華やか。
画像
画像
画像

この「貝あそび」はお雛さまへの御供としてだけでなく、桃の枝を添えてお雛様代わりに飾っても可愛い。お菓子を食べた後の貝に小さな折雛などを入れてオリジナルのお雛さまを作る事も出来る。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント