[markka マルカ]北欧がもっと好きになるトークイベント<第5回ゲスト:河内山淳子さん>

カフェ・アンティーク[markka マルカ]
北欧がもっと好きになるトークイベント
第5回ゲスト:河内山淳子さん

スウェーデンで白樺細工を学ばれたBror・河内山さんをお招きして、ネーベルスロイドの作品紹介や白樺のあるスウェーデンの暮らしのお話。
 ・開催日:2014年1月13日(月・祝)
 ・時  間:15時~16時半

 ・料金:¥2,000(ドリンク・お菓子付)

2004年から5年間、ご主人様のお仕事の関係で過ごされたスウェーデンの暮らしではマンションのお部屋のインテリアや保育園のことなどをご紹介。日本では考えられないのは、クリスマスのモミの木の購入と回収。
クリスマスシーズンが終わるとモミの木専用の回収車が来るが、枝を広げた大きなモミの木をドアから出して階下まで運ぶのは大変なので窓から投げるとのこと。
画像

それから、白樺細工を学びたいと思われたきっかけと先生探しのお話。ほとんどの女性が働いてられるスウェーデンではカルチャースクールはなく、教会で老婦人が織物を教えてられる程度。そこで紹介された500キロ離れた先生の所まで、日帰りで白樺細工の講習を受けに行かれたことなどをパソコンの画面で画像を見ながらお話を伺いました。
幼い息子さんがあっても望みを叶えられたのは御主人様の御理解と御協力があればこそですね。
画像

約1時間のお話の後は「フィーカ」

◆フィーカのお菓子
「レンコンのタルト」

 スウェーデンの白樺の砂糖を使ったレンコンのタルト。
アーモンドタルトの上にのせられた薄切りのレンコンの食感がいい。
今月のカフェのメニューにはないが、トークショーの後のフィーカ用に特別に焼いて下さったお菓子。

 カップとプレートはスウエーデン王室御用達窯として創業した「ロールストランド社」のマリアンヌ・ウエストマンさんのデザインによる「Mon Amie モナミ」。蝶のように見える花はローズマリーをデザイン。

1987年に製造を終了しアンティークしか入手出来ないが、2009年にファンの要望により違うラインナップで復刻されている。
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント