ガレット・デ・ロワ2013<アンリシャルパンティエ>

≪ガレット・デ・ロワ2013≫
今シーズン4台目。今年初のガレット・デ・ロワは1月3日に「アンリ・シャルパンティエ」で受け取った。年末の31日の午前中にJR京都伊勢丹店へ1月2日分の予約に行ったのだが完売で、3日に変更。予想以上の人気に驚いた。

2004年にクラブ・ドゥ・ガレット・デ・ロワが設立され、2006年新年には「オ・グルニエドール」の西原金蔵シェフや「ガトー・ド・ボワ」の林雅彦シェフが中心となって京都大丸でトークショーや実演など「ガレット・デ・ロワ」のデモンストレーションが行われた。東京からは司会に料理菓子研究家・大森由紀子氏。「ノリエット」の永井紀之シェフ、「ビゴの店」藤森二郎シェフをゲストに2年続けられたが、3年目から縮小され4年目には企画はなくなってしまった。

イベントやコレクション好きの日本人に喜ばれそうな「ガレット・デ・ロワ」は思っていたより浸透は遅かったが、2年位前から日本でもオリジナルフェーヴを作る店が増え、フェーヴ人気がガレット・デ・ロワ人気のスピードをアップさせたように思える。

◆<アンリシャルパンティエ>

http://www.hc-c.jp/henri/news_list.html#news_0_63
「アンリ・シャルパンティエ」のガレット・デ・ロワはパイ生地の中にクレーム・フランジパーヌ(アーモンドクリームとカスタードクリームを合わせたもの)が入った伝統的なもの。
 王冠とフェーヴ付 ¥2,310(税込)

・発売期間・・・2012年12月28日~2013年1月14日まで

★ガレット・デ・ロワとフェーヴ
私のガレットに付いていたのは、お店の紙袋「ショッパー」のフェーヴ。
画像
画像

★2013年オリジナルフェーヴ
 「フィナンシェ」「マドレーヌ」「マカロン」「ショッパー」の4種。
画像

昨年は「クレープシュゼット」のフェーヴ。
一昨年、3個入手したフェーヴの中に同じものがあり新しいものが欲しかったが、それしかないと言われ諦めた。6日受け取りだったので新しいフェーヴから早く出てしまったのだろうと思い、今年は早目の受取りにした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック