スウェーデン伝統の<白樺のアドベントスターを作る> ~名古屋タカシマヤ「北欧展」より~

<ジェイアール名古屋タカシマヤ>
2012 It' Scandinavian!
≪北欧展≫
2012/12/14(金)~12/25(火)

毎年恒例となった名古屋タカシマヤの≪北欧展≫には、毎年訪れている。
そのため11月下旬に詳しい内容を知るためにHPを開いてみると
12月17日(月)~23日(日・祝)のイベント・ワークショップの紹介があった。
申し込み開始は11月26日(月)午前10時。

ワークショップの内、スウェーデン伝統のネーベルスロイド(白樺細工)の人気が高く、
申し込み初日に、17日(月)の<アドベントスター>の電話予約ができたが、
10名限定の9番目で危ないところだった。
離れた土地でのイベント情報を早くキャッチできて幸運に思う。

◆スウェーデンのネーベルスロイドのワークショップ
 講師:ネーベルスロイド作家・河内山淳子先生


★12月17日(月)午前11時~
 「ネーベルスロイドのアドベントスター」  
 募集10名 材料込講習料 ¥8,400


★12月18日(火)午前11時~
 「ネーベルスロイドのパンかご」 
 募集15名 材料込講習料 ¥7,875


◆ネーベルスロイドの<アドベントスター>
スウェーデンのクリスマスアドベントに窓辺に飾る白樺の大きな星。
中に灯りを入れると飾り穴や隙間から光がもれて冬の夜に美しく輝く。

ワークショップでは一回り小さいサイズの直径25cmのものを作る。
写真は<アドベントスター>を手にお話しされる河内山先生。
画像


★材料
 中央の幅が広くて厚い十字に重なったネーベルは、あらかじめ
写真のように貼り合わせて準備されている。
 ほかに、白樺樹皮テープ16本。
画像

★星をつくる
・幅広の十字形の白樺を中心に白樺テープを組む。
画像
画像
画像
画像
・2枚の間に支えを入れて、先を装飾を兼ねて木製ビーズで留める。
ビーズは赤や緑など色物を使っても可愛い。
画像

★完成
名古屋からの帰りの新幹線の中で撮ってみた。
画像

◆NHK/Eテレ・木曜日
 <すてきにハンドメイド>
  

★12月20日(木)21:30~21:55放送
 スウェーデンの<オーナメントと白樺のかご>

画像


名古屋でのワークショップの3日後の夜、NHK・Eテレで河内山先生のネーベルスロイドの放送があった。
伝統的モチーフを、白樺樹皮に代わって入手しやすい紙バンドでの作り方を紹介されていた。
紙バンドはカゴを編む手芸が流行しているらしく、無地で約30種類のほか縞柄などが発売されている。

★<ペーパーバッグ>の利用
オーナメント用の紙バンドは、わざわざ買わなくてもいい。
先日、家の中を片づけていたときに目に留まったのがペーパーバッグの提げ手。
それまで気が付かなかったが「紙バンド」が使われている。

写真は向かって左:「ジャン=ポール・エヴァン」、右:京都「然花抄院」
画像

市販の紙バンドは12本の細い紙紐を並べて接着し14mm巾あり、放送では巾を半分に切って6本で使用されている。
ペーパーバッグの提げ手は7本だが、そのままで作っても大丈夫。
写真の中央のオーナメント「風車」は7本。「花」は6本で作成。
画像

<ジャン=ポール・エヴァン>のペーパーバッグの提げ手は長く40cmある。
両手でテープ4本が取れるので4弁の花が1個作れ、2袋あれば写真のような8弁の花が作れる。

提げ手の紙バンド再利用のオーナメントは気に入っている。
これからは、ぺーパーバッグのデザインよりも先に、提げ手に目が留まりそうだ。

NHK<すてきにハンドメイト>
★スウェーデン「オーナメントと白樺のかご」再放送
 NHK・Eテレ 12月26日(水)午前11:30~11:50
 NHK総合  12月27日(木)午前10:15~10:40 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック