紫野和久傅・季節の生菓子<牡丹はも 水ようかん>京都限定

「紫野和久傅」の季節限定の生菓子。「牡丹はも 水ようかん」が祇園祭に合わせて京都限定で発売されていた。

「牡丹鱧」とは、骨きりした鱧に葛を打って熱湯に通すと、まるで白い牡丹の花が開いたように見えることから、その名で呼ばれているが、冷水でしめて梅肉をあしらった一品は夏一番のご馳走である。
その「牡丹鱧」に見立てて作られた生菓子が「牡丹はも 水ようかん」。あまりにも上手く出来ている上に7月31日で販売が終わると聞いて、JR京都伊勢丹でその日の最後の1個を買ってきた。

◆和久傅「牡丹はも 水ようかん」
画像

梅肉をあしらって、まるで本物の鱧のように見える水ようかん。
一番上に寒天、次に百合根あんで作られた鱧、一番下は小豆粒入の白小豆あん水羊羹の3層から出来ている。
画像

梅肉の数と位置からみると、1棹5人前らしい。
1人前分のカット。
画像


百合根あんと梅肉は薄い塩味、白小豆水羊羹はさっぱりした甘さの料理人ならではの生菓子。
京都限定で賞味期限4日間というのが嬉しいが、発送が不可能な商品である。
1棹 2,500円

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック